2016年9月4日日曜日

ダイソーのミニルーペが仕様変更、その対策

ダイソーのミニルーペとは

ダイソーのミニルーペは安いレンズ欲しい人の間では有名な商品。Φ31mm、f=70mmのレンズが108円で2枚取れる事で有名です。このサイズ・焦点距離のレンズはHMD作ったり、LEDの光をしぼるのに使ったり色々便利なサイズです。

 はずれ仕様の見分け方


 しかし残念ながら仕様変更があったようで、在庫が順次左のはずれの方に変わっています。いままで黒い部分を軽く捻るだけで分解して簡単にレンズが取り出せたのですが、はずれ仕様では接着されているのでコツが必要です。ぱっとみ見分けが付かないのですが、ホッチキスで留めてある方が「あたり」でセロテープで箱が閉じられているのが「はずれ」です。

 「はずれ」仕様でのレンズの外し方

試行錯誤でいろいろあると思いますが、とりあえず綺麗に外すことができたので報告。
 分解してみると、「はずれ」も「あたり」もそっくりですが、はずれのほうは赤枠でかこってる部分が接着されています。ウォータポンププライヤーや万力のようなものを使って、以下の2段階で接着部分を破断させれば外すことができます。

根元側の接着をはずす

まずは根元部分をプライヤーで挟んでパキパキと音をたてて、接着部分をはがします。一カ所パキッとやったら、少し回転させて次の部分をパキッとやります。

 裏面をみながらやると、挟んだ部分の接着部分が剥がれていく様子が見えるので、確認しながらやると楽です。

 

レンズ周りの接着をはずす

次はレンズ付近の接着をはずします。レンズの周りをもって、中のレンズを傷つけないよう気をつけつつもパキパキ外していきます。回しながらやって3回ぐらいパキっと言えば外れてると思います。
  

参考:接着部分拡大

接着部分は 縦の線と、天面に円周状にぽつぽつある部分です。イメージしながら割るとやりやすいと思います。

参考:そんな苦労しなくても

モノタロウや、Amazonで検索するとほぼ同一のレンズが1枚100円で売っています。100円+送料を素直に払うのも一つの手だと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿